就職の意義

学校生活を終えるとほとんどの人は就職し、一般企業、公務員、自営業などの職種に就くことになります。
では、就職の意義を考えてみましょう。


就職とは、その文字のごとく職に就くことであり、一日の大半をその職で仕事をすることになります。
その結果として給料をもらい、その給料で生活し、税金をおさめ、将来のための貯蓄をします。
そういった意味で就職とは、生きる上での基本となります。


従って、誰でもより給料のよい会社、将来に不安のない会社、休日が多い会社を選ぶ傾向があります。
しかし、よく考えてみてください。
幼児期を経て学生時代に一生懸命に勉強をして、親に育てられ、人として成長してきたのは、よりよい会社に入るため、少しでも楽な生活をするためでは決してありません。
自分の人生をより充実させるためであり、就職はその結果を出す大きな場のひとつとなるところです。


従って、サラリーや休日などで就職先を決めるのではなく、自分の力を発揮できるであろう場を探すこと、これが大切です。
このことを忘れないで就職に向かいましょう。
そして、就職先は多くの人々で成り立っている社会です。
従って、自分の得意分野、やりたい分野に就職したとしても、決してやりやすいなどということはありません。


そこで生きていくためには、技術力、知識はもちろん必要ですが、最も大切なことは人間性です。
成功するか否かは人間性によって左右されます。
このことを忘れないでおきましょう。


<特選サイト>
就職に有利な情報などが掲載されている求人サイトです・・・就職 情報

Copyright © 2014 就職の豆知識 All Rights Reserved.